新着情報

2016.11.04

スペースフレッシャー ミドルのファン能力

業務用プラズマ・オゾン脱臭機「スペースフレッシャー ミドル」の運転時、各距離での風速を測定した。

sfmiddle%e9%a2%a8%e9%80%9f%e8%a8%88%e6%b8%ac%e7%b5%90%e6%9e%9c

部屋に入った瞬間に嗅いだ初めのニオイが第一印象となります。そのため鼻の高さ付近の空気が爽やかで有ることが、イメージアップにとても重要となります。また気になるニオイが残っているとイメージダウンとなってしまいます。
業務用プラズマ・オゾン脱臭機「スペースフレッシャーミドル」はホテル様のベッドメークの時間帯で、短時間に最大限の効果を発揮するために、人の鼻付近から脱臭出来るよう約0.7g/hのオゾンを斜め上に向かって約245 m³/hの能力のファンで噴霧します。
4mの距離でもある程度勢いを保って空気をかき混ぜるため、ニオイとの接触が良くなります。

ニオイをオゾンで脱臭するためにはオゾンの量が必要となります。しかしオゾンは自然減衰してしまう性格が有るため、オゾンの発生量を多くしてもニオイの空気と反応できずに消滅してしまう場合があります。発生したオゾンとニオイの空気をどれだけ反応させることができるかが脱臭効果を上げるポイントとなります。スペースフレッシャーミドルはオゾン発生量、風量、風向き等のバランスが良く、結果を出してきました。